HOME > 活動日記 > あまねく人に幸せを・・・

活動日記

2014年

02月

09日

あまねく人に幸せを・・・

【ソチ五輪】
上村愛子選手は4位。メダル届かず、残念…。

でも、「前へ!」「攻める!」会心の滑り。
「達成感、マックス!」のコメントにもあるように、「やり切った…」充実感漂う笑顔が印象的。

フィギュアスケート女子団体の浅田真央選手の演技にも魅了され、感動した…。

今日は、
福島県郡山市で開催中の民主党の2014年度定期大会に出席。

「銀世界」一面雪の郡山で、
「復興」と「再起」を誓う。
郡山市内のホテルで。

13:00からの本大会に先立ち、
午前中は、全国から参集した全代議員による討議も行う。

13:30からの大会冒頭には、
福島県の青年たちによる熱い演舞をご披露頂いた。

「福島を元気にするために、僕たちに出来ることがある!」
被災から復興へ。
若い青年の力に、躍動感ある演武に、感動した。

議事に先立ち、
被災され亡くなられた方々、この一年、他界した同志を追悼し黙祷。

「改革、創生へ」
「我が党は、『生活者』『納税者』『消費者』『働く者』の立場に立つ。」
「一.『共生社会』をつくる」…
昨年、新しく策定した党綱領を皆で唱和した。

改めて、
私たちの「理念」と「立ち位置」を再確認する。

ご来賓として、
佐藤雄平福島県知事にもお越し頂いた。
「発災から3年…。地震、津波、原発災害、風評被害との闘い。風評と風化。表裏のようだが、どちらも苦しい…。」
筆舌に尽くし難いご苦労を強いられ、
県民の皆様と共に乗り越えてこられた佐藤知事のお言葉が沁み入る。

昨日から泊まりがけで開催するこの大会で、
「政策」「組織」「議会・国会対応」「選挙」「日常活動」…
これまでを総括し、これからの方針を練りつくり論じ決める。

芸術も、政治も、
心に響いて、
心を動かしてナンボ…。

特に、政治は(選挙は)、共感を得て、支持を広げていくもの。

危機感も、使命感も、
人間力も、発信力も、まだまだ足りない…。

中座し、
郡山駅から東北新幹線に乗り、
遅れを回避すべく大宮駅と東京駅で乗り換え、何とか東海道新幹線に乗車。

滋賀県へ>>>
米原駅経由、18:30近江八幡駅へ。

駅前のホテルで開催中の
滋賀県中部地区郵便局長会の総会懇親会に出席する。

「中部らしく…?」
元気に、バンド演奏もあり、歌もあり、賑やかに。

南、北、山、海、夜、朝…
時々刻々、津々浦々、
「文化を拓くため」「あまねく人に幸せを」と、
郵便物を届けるために、貯金・保険サービスを提供するために尽力頂いていることに敬意と感謝。

政治や選挙に翻弄されることになく、
「ユニバーサルサービス」を維持するため、仁義と礼儀を守り、共に頑張ってまいりたい。

会員の局長、そのご夫人皆様と交流・交歓。

滋賀県草津市内の自宅に帰り、休む。

何となく、
やっと帰ってきた感じ…。

避難され、
仮設住宅で、
憩える自宅に帰れない、被災者の方々を想う。

IMG_4428 IMG_4436

三日月大造

すべての一覧を見る

テーマ別活動日記

月別アーカイブ

Copyright 2013 © Mikazuki Taizo Office All Rights Reserved.