HOME > キラリ通信 > 令和4年(2022年)6月15日(水曜日)

キラリ通信

2022年

06月

15日

令和4年(2022年)6月15日(水曜日)

午後、海上自衛隊舞鶴地方総監の下海将と面会。

国家防衛と地域の安全・安心の確保のため訓練や任務に励まれる皆様の日々の御尽力に感謝申し上げました。舞鶴自衛隊の皆様には本県の総合防災訓練や文化交流等で連携をいただき心強く感じております。県民の命とくらしを守る立場から、防衛、災害対応などにおける連携を引き続き進めてまいりたいと思います。

続いて、昨年8月大津市で起きた女児死亡事例について、有識者検証部会が報告書をとりまとめられ、野田部会長から、その報告をお受けする。

今回の事案は複数自治体・関係機関が関わる事例であり、ケース事案の引き継ぎ共有やリスク判断、ケース変化に応じたアセスメントの必要性など様々な観点から問題提起をされたものであります。奇しくも同日、「こども家庭庁」設置関連法が成立いたしました。Children Fristの施策推進が加速する中、検証部会からの改善方策・提言を真摯に受け止め、すべての子どもが安心安全な環境のもとで育つことができるよう取り組んでまいります。

夕方、第61回滋賀県新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議を開催。

県内の感染動向が減少傾向にある中、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」のレベル判断基準を見直すこととし、新しいレベル基準に基づき、「レベル1(維持すべきレベル)」へ移行いたします。

基本的な感染対策は徹底をしたうえで、コロナに負けない健康づくりも重要です。熱中症のリスクも高まる中、「着けてよし!外してよし!みんなよし!!」のマスク着用基準も柔軟に運用してきただき、社会経済文化活動の回復を進めていきましょう。

三日月大造

すべての一覧を見る

Copyright 2013 © Mikazuki Taizo Office All Rights Reserved.